結婚式の締めはエンドロールで決まり!

結婚式のエンドロールで失敗しないために見ておこう!

披露宴で感動するエンドロール

友人の結婚式に行くと、ほとんどムービーが流れます。その中でも多いのが、プロフィールムービーと、エンドロールです。プロフィールムービーは式のお色直しの間などに流れることとあります。お色直しの間は新郎新婦がいないので、ムービーを流すのに丁度いいです。そして、ムービーが終わると同時に新郎新婦の入場をすると、盛り上がります。そして、披露宴の最後に流すのが、エンドロールです。プロフィールムービーは自分たちの小さいころや、学生時代の写真などをスライドショーで流しますが、エンドロールは来てくれた招待客の人へのお礼を伝える映像です。今日行われたチャペルでの結婚式の映像や、新郎新婦が見ることが出来ない、披露宴会場の受付の様子などが流れます。披露宴の間の友人の笑顔や、泣き顔などもあり、とても感動します。最後は感謝の気持ちをこめたメッセージと、招待客の名前が流れるのが定番です。

感動する結婚式のエンドロール

披露宴の最後に流れるエンドロールは、披露宴に来てくれた人への感謝の気持ちを伝えると同時に、新郎新婦が後から何度見てもその時の幸せな気持ちを思い出すことができる映像です。そのため、エンドロールは、結婚式や、披露宴の当日の映像を使って作ることが多く、新郎新婦も披露宴の最後に初めて見ることになります。結婚式会場に受付をしに行く友人の様子や、結婚式の時の様子などが見ることが出来て、とても感動します。映像の始まりに、新郎新婦の控え室の様子を流すこともあり、今から結婚式が始まる2人の様子はワクワク、ドキドキしながら、とても幸せそうです。2人からの感謝のメッセージを入れたり、招待客の名前がゆっくりと流れたりすることが多いです。名前と一緒にその人へのメッセージを流すと、招待された人も嬉しいです。曲選びも大事で、エンドロールにぴったりのものを探します。素敵な音楽と映像は、会場にいる人すべてが幸せを感じられます。

感動、感動のエンドロール

日本の結婚式の定番は、披露宴の最後に新婦が両親に手紙を読み、両親や新婦はもちろんのこと、式場全体が感動の雰囲気に包まれて終わります。それだけでも十分感動するのですが、最近は新郎新婦退場後にエンドロールを流すケースが多いようです。出席してくれたゲストの名前が流れるのですが、中にはゲスト一人一人にコメント付きのものもあり、最後の最後まで感動したという結婚式もあります。また、新郎新婦が独自のアイデアで制作した場合もありますが、その日の結婚式の内容を編集して流す場合もあります。感動が何回も押し寄せてきて、また涙する人は多いです。数分のことですが、人々の記憶には強く残り、結婚式の最後の部分なので最後の印象でいい結婚式だったという人も多いです。新郎新婦にとってはお金がかかることなので、迷うかもしれませんが、迷うならやった方が後悔はありません。

9月 16th, 2014 at 9:26 pm

Posted in