結婚式で使う招待状は業者

現代の結婚式というのは費用をかけずに個性のあるスタイルが人気で、ゲストに送る招待状というのもおしゃれなものや個性的なものが人気になっています。そんな招待状は専門の業者というのがありますので、インターネットで業者を探せば国内には数多くの業者が見つかるそうなのです。結婚式のイメージや結婚をするカップルのイメージに合ったものを作ってくれるので、まずはどんな感じのデザインがいいかをイメージするということが大事になります。参考になるような写真や雑誌などがあればそれを業者に見せることで、どんな招待状にするかがわかりやすくなるといえるでしょう。この種類には洋風や和風のデザインであったり、他にも3Dのように立体的になるようなタイプのものもあるのだそうです。業者によってデザインも色々とありますので比べてみるといいです。

結婚式の招待状について

結婚式を行うと決めた際、色々とどんな演出をするかなどのイメージが先行しがちですが、一番最初に行う打ち合わせはだいたいどこも招待状の打ち合わせになります。打ち合わせは4?3ヶ月前に行われます。会場見学にくる方は希望日の1年前や2年前の方も多く、準備をしたいのですが何をすれば良いかと聞かれます。そんな時必ず御呼びしたい方のリストアップと手作りしたいウェルカムボードなどのイメージや作成をしてくださいといいます。見積もりも演出や進行もまずは人数からです。招待状は地味な打ち合わせに見えるかもしれませんがとても重要な打ち合わせになります。新郎新婦だけでは結婚式は出来ないという最初の問題になる事は間違いないでしょう。新郎、新婦別々にきちんと招待客のリストアップをして最初の招待状の打ち合わせに行くようにしましょう。

結婚式の招待状について

結婚式をイメージする際華やかなイメージをする方が多いですが、意外と地味で大変な打ち合わせも多くあります。最初の打ち合わせになる招待状の打ち合わせでも意外と知らない事が多く、新郎新婦2人の問題ではなく、親族などにも配慮し、両親とも度々相談しました。例えば招待状の差出人ですが、打ち合わせまでは2人の名前にする予定でしたが、結婚式は家と家の結婚で別々の住所、別々の名字ようは旧姓で出す事を薦められました。一緒に住んで籍も入れていたので連名で出すつもりでしたが結局父親の名前で実家の住所で出しました。そして結婚式をする自分たちが出席の有無を知りたいので返信はがきは自分たちにと思っていましたが、その点も差出人と返信はがきは一緒にするのが基本だとの教えに納得した分凄く悩みました。リストアップの他にも悩む事もたくさんあるのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*